施工実績

東京都 豊島区 大道塾

  • 外観全体
    ビル改修工事

    外観全体
    黒を基調に落ち着いた外観となりました。また漏水も全て止まりました。

  • 屋上ウレタン防水
    ビル改修工事

    屋上ウレタン防水
    膨れ等が起こらない工法で施工しています。当然に、笠木や手摺を外してから防水をしています。防水完了後、復旧して完了です。

  • 斜壁シート防水
    ビル改修工事

    斜壁シート防水
    斜壁からの漏水が止まりました。 またコロニアル調のシートを選択したことで外観も綺麗になりました。

お客様のご要望

道場ということで落ち着いた外観を希望されていました。
斜壁含めサッシ廻りから漏水しており、長持ちする建物にして欲しいとご要望されました。

ポイント

シーリング:鉄骨造でALCの外壁は漏水が起こるリスクが高く、建物に合わせた材料、工法で施工しないと直ぐに漏水する可能性があります。
      ALC盤とALC盤の間にシーリングが入っていますが、こちらは確実に打ち替えをお勧めします。
      増し打ち等行っても漏水が止まらないか止まってもゆくゆくは漏水が起こります。

斜壁防水: 斜壁はALC盤がむき出しの状態で何回か補修をされていましたが、漏水が起こっている状態でした。
      こちらは塩ビシート防水の機械的固定工法で施工しました。
      ALC盤は地震等で動きますので、ALC盤と塩ビシートの間に絶縁シートを敷きこみ
      ALC盤が動いても塩ビシートに損傷が起こらないようにしました。
      またコロニアル調のシートを選択したことで、統一感のある外観となりました。

屋上防水: 下地がコンクリートで既存ウレタン防水が密着工法で施工されており、防水層が膨れていましたので
      ウレタン防水通気緩衝工法で施工しました。
      手すり、笠木が付いていますが、こちらを外さずに施工する業者がとても多いです。
      こちらを外さずに施工してもしっかりとした防水層は形成されません。
      手すり含めて撤去・復旧の費用は15万円程度掛かりますが当社では費用を掛けてでも施工すべきだと考えています。

お客様の声

丁寧に施工して頂き、ありがとうございます。漏水も止まり安心して道場を運営することができます。
工事写真も細かく撮って頂き、保証書もきっちり付いていて、とても安心できる業者さんです。
自宅の方もそろそろリフォーム時期なので是非、よろしくお願いします。

物件概要

所在地
東京都豊島区
構造・工法
鉄骨造3階建て
竣工
2018年
工事内容
足場工事、外壁補修工事、シーリング工事、塗装工事、屋上防水工事、斜壁防水工事